コンテンツへスキップ

北海道の地震について思ったこと

北海道で地震があったみたいですが、北海道の友人が以前、北海道は地震が少ないからテレアポやITの仕事に向いていると言っていました。
その事をその友人に言ってみたら、「やっぱり、日本は火山国だから、北海道でも地震はあるみたいだね。」と言っていました。
仙台出身の友人もいるのですが、その人も、「そうだろ、日本はどこでも安心出来ないよ。」と言っていました。
やっぱり地震を経験した人には見えない絆みたいなものが出来るみたいです。
どうしても、災害を経験しないと災害の被害者の気持ちはわかりません。気持ちがわかるという事は助けたいと考えれるようにもなります。
特に最近、世界でも災害が多くなってきているように感じます。しかし、何か世界中で人々の繋がりがうすくなってきているように感じます。
インターネットが発達して、以前では少人数では出来なかったことが出来るようになって、貧富の差が激しくなっています。
どうしても、お金が稼げないと災害などが起きた時に対応することが難しくなります。
ベーシックインカムという考えもあるようですが、新しい社会のシステムを作っていかなければならないように感じます。
災害が起こっても困った人を助けるような、そんな「新しい社会」を作っていかないといけないんだな、と思いました。