コンテンツへスキップ

特殊詐欺って他人事じゃないかも

先日、ママ友と子ども達で久しぶりにランチをしてきました。
ショッピングモールのフードコートでそれぞれが食べたいお店のものを買って、数時間だけですが、楽しい時間を過ごしました。

フードコートの巨大スクリーンにニュースが流れていて、その中に『特殊詐欺(オレオレ詐欺)周囲の声かけでも防げない現状』とテロップで映し出されて、その話題で会話が盛り上がりました。

集まったママはわたしも含めて全員専業主婦で、普段は子どもの世話に関わること以外は誰かと話す機会がありません。
今は子どもが小さく手がかかるので育児に時間を割いているけれど、これが少し手を離れるようになって、人とつながるチャンスがなかなかないと突然の詐欺の電話や連絡にも気づかないかもしれないね、と。

独身のときや仕事だけに打ち込めていた若い時期には、どうしてこんなわかりやすい詐欺に引っかかってしまう人がいるのか疑問だったけど、色々と経験が増えるに従って人間の弱い部分も優しく受け入れられるようになってきたね、と言葉をかけ合いました。

おしゃべりの内容は軽いもので、中身が詰まっているとは言えないかもしれないけれど、美味しいものを食べながら好きなことを思い思いに話せて、気分がすっきりしました。
また、家事・育児に自分のできることを頑張ろうと気分を一新できました。