コンテンツへスキップ

先日の土曜日、いつものようにゆっくり起きて、のんびりと掃除をしていました。すると、寝室から旦那さんが呼ぶ声がしました。

「なに?呼んだ?」そう言って寝室に入ると、旦那さんはスマホの画面を見せてきました。そこには、斉藤和義の弾き語りライブツアーについてのニュース記事が表示してありました。旦那さんは続けます。「こっちのチケット、今日発売だよ」

よくよく見ると、確かに最寄りの会場での一般発売は、今日でした。しかも、10時発売で、ただ今の時刻は9:55です。
「あ!そうだった!今ならいい席取れるかな?」私が慌てて言うと、旦那さんがのんびり答えます。「たぶんね」

そこからは怒涛の身支度に取り掛かりました。服を着て、眉毛だけ書いてマスクをつけます。旦那さんに車を出してもらおうと、旦那さんも怒涛の身支度に巻き込みます。

身支度もそこそこに、車に乗り込むと、近所のセブンイレブンに向かいました。店頭の端末でチケットぴあを検索します。しかし、2席分の確保ができないと表示されます。
「もうソールドアウトなのかな」悲しそうに言う私に、のんびりと旦那さんが返します。「いや、隣同士の席が空いてないだけかもよ。」

そこでもう一度、試しに1席分で入力してみると、購入可能との表示がされました。ほっとした私は、そこでひらめきました。
「これって、チケットぴあの分のチケットの話かもね。ローソンチケットだったら、まだ隣同士空いてるかもね」

というわけで、今度はローソンへ走ります。そして同じように店頭の端末に向かいます。すると、ひらめき通り、ローソンチケットでは隣同士の席で購入することができました。大歓喜の私と、のんびり見守る旦那さんでした。

ネットニュースに気付いた旦那さんと、チケット販売の仕組みへの勘が冴えた私。二人の合わせ技(?)で、無事にライブに行けることになったのです。

ママ友とLINEしていた時、旦那の話になりました。もっと家事やってほしいよねー!とか、子供のお風呂ぐらい自らすすんで入れてほしいよね!とか…。まあ、愚痴もちらほら出てしまうんですが、良いところももちろんいっぱいあるわけです。

寝ている息子の顔を見て「天使だね」って呟いてるパパを見ると、あ〜息子のこと好きなんだなって感じてこっちまで嬉しくなりますし、仕事の休憩時間に子供の写真見て癒されているという話を聞くと、パパ可愛いなあって思います。

そういえば、こないだネットニュースで見たりゅうちぇるの記事、うちのパパと一緒だ!と思ってニヤニヤしてしまいました。子供の肌着の匂い嗅いでるっていうの、うちのパパもよくやってます。もちろん私もやりますけどね。赤ちゃんって本当いい匂いしますもんね。とくに肌着の匂いって格別!ジップロックに入れといて保存しておきたいぐらい…それを息子が反抗期になった頃に開けて、スーハーして気持ちを落ち着かせたいもんです(笑)。
とにかくそれぐらい肌着っていい匂いします。洗濯機に入れる前に毎朝嗅ぐのがやめられないです。

それと、すっぴん髭面で子供抱きしめてるりゅうちぇるさんも素敵でした。子供のこと大好きなんだなぁって伝わってきますね。言葉で愛してるって言ったり、家族のこと愛してるから仕事頑張る!とかももちろん大切だしありがたいことなんですけど、抱っこやギューなどのスキンシップってやっぱりいちばん大事ですよね。子供も温もりは安心するって言いますし。
ママはもちろん毎日何度も子供を抱きしめているけれど、パパにだって抱きしめてほしいです。子供のためにもそうだし、パパ自身のためにもなると思うんです。息子抱きしめると「好きだー!」って気持ちがどんどん湧いてきます。スキンシップって愛情を確実に育んでくれていると思います。あと、もちろん癒し効果も。

うちのパパは息子をギューしてる時「いま息子の養分を吸収してる」って真剣な顔して言ってて、思わず笑っちゃいました。

日産自動車前会長カルロス・ゴーン氏が、不正送金疑惑で立件されるそうです。

あれほどの大物を逮捕起訴するなんて、検察凄すぎる、と思っていました。よほどの確信があったんでしょうね。その後もガンガン強気の姿勢だし、なにか隠し玉でも持っているのでしょうか。何を以って、世界的大物を追い詰めようとしているのか、その辺りが知りたいと思います。

しかも、始めはゴーン氏を擁護していたルノーが、仏政府の要請で内部調査を進めたら、段々雲行きが怪しくなって来ました。どうもルノー内部でも、不正を働いた形跡があるようです。

ゴーン氏は日本に嵌められたという、仏メディアの見方がありましたが、今はどうなんでしょうね。

ゴーン氏は日産の報酬が、年間8~9億円程度あったそうです。その他三菱自動車、ルノーからも報酬を得ていたんですよね。

私のような庶民中の庶民にしてみたら、ゴーンさんの1か月分の収入でも、1年笑って過ごせます。そういう感覚の方は、きっと多いのではないでしょうか。

豪華クルーザーに、豪邸を数カ国に所有。きっとプライベートジェットもお持ちなんでしょう。いや、会社所有機のプライベート利用か?

私、ヴェルサイユ宮殿で結婚式ができるなど、知りませんでした。あそこは王侯貴族が生活するか、観光客が観光するかの場所とばかり思っていました。たまに、政府が国際会議に使うのかな、程度。

ひゃ~、世の中にはいるんだ、こういう人。何がこういう人かというと、こんなことできる大金持ちがいるってことです。

この程度の大金持ちは、たくさん存在するんでしょうが、具体的な人物になると、ため息が出ます。が!どこの金使っとんじゃあ!

ゴーンさんの報酬なら、ヴェルサイユ宮殿での結婚式くらい自分の懐から出せるですしょう!

どれだけ収入が欲しいんかい。それでも足りないと言わんばかりに、不正してまでもお金使うんかい。

ほんっと庶民を馬鹿にしてるわ。

我が家なんか、我が家なんか、恥をしのんで告白すれば、家計のために、今月から新聞購読やめました。子供と私の今月の小遣い、2人で1万円無いのよ。月予算明細は、涙なくして語れません。

切り詰めて切り詰めて頑張っている人に、チャンスをたくさん、たくさん下さいませ~。そのために最大のご援助を下さい~!

大金持ちさんは、ノブレス・オブリージュの精神で、生活に苦しむ庶民にもっと目を向けて欲しいと、強く強く願うのであります。

知り合いのいる千葉県の高校、習志野高校が初のセンバツ高校野球での決勝戦進出ですねー!

千葉県の高校野球と言えば、ここ最近は木更津総合高校がよく甲子園で観ることが多かったので、今年のセンバツはどうなのかなーと気になっている所でした。
ストレートに力のあるピッチャー、奥川君要する石川県星陵高校との戦いでは、勝ったもののサインを盗んでどうこうとか言われてたので、次にしっかり勝つことが出来れば強さの証明になるな!と周りの友達と言っていたので、一安心です!

実際に準決勝、大分県の明豊高校との戦いをテレビで見ていても強かったですからね。

明豊高校はあの名門、横浜高校と対戦しても大差で勝つほど勢いのあるチームでしたからこれはもう小手先の強さとは言えませんよね!

逆境に立たされて、非難されようとなってしまった高校生たちが自分たちの力、周りの期待に応えて活躍するっていうのは並み大抵の精神力では難しいと思うんですよね。
自分が当事者になったと仮定すると、普通に野球をするなんてのは考えられません。

今までどんな練習、今、どんな気持ちで自分たちを奮いたたせているのがすごく気になります!

そんな習志野高校の決勝戦の相手は愛知県の東邦高校!

この高校は平成の最初の年にセンバツ高校野球大会を制すという歴史をつくった名門校です。決勝戦においても、周りは相手の優勝を期待することが多くなりそうな気配です。

この最後の戦いも星陵戦の後の戦いのように逆境をはねのけた戦いを見せて欲しいです!

心強い、日本的にも有名な吹奏楽部の応援もありますしね!

いろんなことが騒がれてしまいそうな世の中ですが、純粋に高校球児のプレーを楽しみたいと思います。両校がんばれ!!!

新元号が発表されました。
春休み中の中学生の息子とタイムリーでニュースをみました。

11時30分からとの予告から遅れて11時45分くらに菅官房長官がやっと登場して発表の運びになりました。
「令和」。
最初「めいわかな?」と思いましたが、画面を見ると「令和」の文字が。
「あ~れいわになったんだ」2人でしばしきょとんとしながらテレビを見ていました。

その後はいつ止むともしれないものすごいカメラのシャッターの嵐でした。あんなシャッターの音は聞いたことがないくらいでした。
昭和生まれの私は2回目の改元。平成生まれの息子は初めての改元。
平成が去ってしまう寂しさも感じつつ新しい元号に新鮮な気持ちが湧いてきました。
新しい時代、新しい元号。日本中に何かいいことがあればいいな、幸せなことがあればいいなと期待も膨らみます。

その日も次の日も新しい元号のことでテレビも新聞もネットも持ち切りでした。
号外のニュースを取り合うようなニュースには少々うんざりしましたが、新しい元号を使った商品が続々と発売されている事にはびっくりしました。名前入りのぐい飲みやケーキや金太郎飴。
この日のために色々を策を練っていたようです。
デパートの美味しそうな元号入りのケーキは私もほしくなってしまいました!「お母さんもたべた~い」というと息子の冷めた視線が・・・冗談に「お母さんもケーキ作って令和の文字入れて売ろうかなあ」とか言うと更にあきれた息子。

こんな会話で楽しめるのももう少しかなあ・・・中二になった息子を眺めて、改元とは関係なくしみじみとした気持ちになりました。
令和の時代は息子達の時代。どんな時代になるのか、先行きの見えない世の中だけど、息子には力強くこの時代を生き抜いてほしいな、と思う母です。