コンテンツへスキップ

新元号発表

新元号が発表されました。
春休み中の中学生の息子とタイムリーでニュースをみました。

11時30分からとの予告から遅れて11時45分くらに菅官房長官がやっと登場して発表の運びになりました。
「令和」。
最初「めいわかな?」と思いましたが、画面を見ると「令和」の文字が。
「あ~れいわになったんだ」2人でしばしきょとんとしながらテレビを見ていました。

その後はいつ止むともしれないものすごいカメラのシャッターの嵐でした。あんなシャッターの音は聞いたことがないくらいでした。
昭和生まれの私は2回目の改元。平成生まれの息子は初めての改元。
平成が去ってしまう寂しさも感じつつ新しい元号に新鮮な気持ちが湧いてきました。
新しい時代、新しい元号。日本中に何かいいことがあればいいな、幸せなことがあればいいなと期待も膨らみます。

その日も次の日も新しい元号のことでテレビも新聞もネットも持ち切りでした。
号外のニュースを取り合うようなニュースには少々うんざりしましたが、新しい元号を使った商品が続々と発売されている事にはびっくりしました。名前入りのぐい飲みやケーキや金太郎飴。
この日のために色々を策を練っていたようです。
デパートの美味しそうな元号入りのケーキは私もほしくなってしまいました!「お母さんもたべた~い」というと息子の冷めた視線が・・・冗談に「お母さんもケーキ作って令和の文字入れて売ろうかなあ」とか言うと更にあきれた息子。

こんな会話で楽しめるのももう少しかなあ・・・中二になった息子を眺めて、改元とは関係なくしみじみとした気持ちになりました。
令和の時代は息子達の時代。どんな時代になるのか、先行きの見えない世の中だけど、息子には力強くこの時代を生き抜いてほしいな、と思う母です。